船大工の娘日記(お休み中だから、ここだけのお話編)

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

長いタイトルですいません。
最近日記形式で書いてますが、今回は情報提供致します。

①これの前に「9割方完成」と書きましたが、じゃあ実際あとどれ位で出来るんだと気になりません?
娘は気になったので、棟梁(父)にストレートに聞いちゃいましたよ。
これは父的計画なので、今の所Facebookには公開しません。ここだけの話です。
前振りが長くてすいません。
父の脳内計画では以下の通り。
7月15日頃 殆ど完成(したいな)
7月18日 完成(するとええなぁ)
つまり、予定通りなら、鵜飼舟完成のXデーは7月18日です。
まぁ、あくまで予定ですが。
あとはメンバーの頑張り次第という事で。
その後は多分進水式まで展示会状態なんでしょうなぁ。

②7月21日(当初の完成予定日)は、父の86歳の誕生日です。実は娘は密かにこれに向けて誕生日プレゼントを用意していたりします。
プレゼントが何かはナイショ(おい)。当日にでも公開します。

③意外に熱いファンがいる事が分かった「マキナワ・マキハダ」ですが、7月1日(土)に大野康世さんが、土屋船大工と共に岐阜にいらっしゃいまして、マキナワ体験されます。
「そんな事もう知ってるよ」と思った方、甘いです。
実は鵜飼舟プロジェクトの中間報告会の後で、川尻副学長(Facebookで友達になってます)とお話ししたんですね。
で、出来ればマキナワ体験を見てみたいと。
ネットワークでマキナワについて盛り上がっている事もあって、マキナワ(正確には槙の皮)の供給について、前向きに検討したいという様なお話をされました。
私も「アカデミーや森林組合から、槙皮手に入れられないかなぁ〜。そしたら、なうのは私がやっても良いんだけどなぁ〜」とか思っていた所なので、正に渡りに船!!
実現したら、マキナワの安定供給にもつながりますよ?
少なくとも私はマキナワで生計立てるつもりは無いので、「金にならんから」という理由では止めませんしね。
言っときますけど、ちゃんと本業持ってます(笑)。
まぁそんな訳で、マキナワの未来にちょこっと光が射しかけた感じです。
マキナワ技術は、これから精進して磨きます。
母がマキナワ師だと、こういう時助かるわ〜。
くどい様ですが、あくまでここだけの話です。色々未定ですので。

以上、報告終わり。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す